by_ep_048

トップ / 僕の心のヤバイやつ / エピソード

[Karte.48 僕らはゆっくり歩いた] 漫画『僕の心のヤバイやつ』エピソード

Karte.48 僕らはゆっくり歩いた

あらすじ

だって“僕”って言った 自分のこと

日が落ちて渋谷からの帰り道。自分のことばかり気にして山田に気を遣わせていたことに気付いた市川は、不器用に言葉を選びながらも自分の素直な気持ちを打ち明ける。「楽しかった……んだと思う」。そして混雑する電車の中で山田を見失った市川の手を誰かが握ってくる。手汗が滲むその手のひらは山田の…。握り返した手は電車を降りてからも離れることはなかった。クリスマスイブの夜空の元、ふたりはゆっくり、ゆっくり歩いた。手を離すタイミングが分からないまま――。

構成

作者事前告知

みなさん!虫捕り大会は楽しめましたか…?
「僕の心のヤバイやつ」次回の更新は6/30(火)です。
ふ       ふ
こ  不幸回  こ
う       う

作者告知

I LOVE…

アオリ文

なぜ時間は、止まってほしい時ほど
速く進んでしまうのか――。

オクリ文

いつか来るかもしれないその時まで、大切に。

ピックアップ

関連項目

分類
作品名僕の心のヤバイやつ
カテゴリエピソード
エピソードデータ
サブタイトル

ぼくらはゆっくりあるいた

僕らはゆっくり歩いた

話数Karte.48
掲載号マンガクロス
(2020.06.30公開)
収録巻僕の心のヤバイやつ4巻
ページ数14
前エピソードKarte.47 僕は可愛いが言えない
次エピソードKarte.49 僕はモヤモヤする
アニメ版収録karte 10「僕らはゆっくり歩いた」